1996年の登場以降、ライバルの多いミニバンの中でも、様々な機能で人気を維持しているステップワゴン。

利便性の高さや、お子様のいるファミリーに嬉しい装備、日本の市街地・住宅街でも取り回しのしやすいサイズなど、その魅力は尽きません。

ファミリーカーで気になる要素のひとつといえば維持費。

自動車税や重量税は車の大きさで決まってしまいますが、変動する維持費として重要視されるのは燃費ですよね。

新型は買えないけど旧型なら・・と考えている方も、「古いと燃費が悪いのかな?」と気になる部分。

車体価格を旧型の購入で抑えても燃費が悪く維持費がかかるならトータル変わらないのでは?となってしまわないように、歴代モデルのカタログ燃費、実燃費の情報を集めました!

燃費を良くするコツもご紹介します。

スポンサーリンク

ステップワゴンの歴代モデル一覧をご紹介!

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

まずはステップワゴンの歴代モデルを振り返りましょう。

1996年に登場し、現在で5代目になるステップワゴン。

歴代で大きくエクステリアデザインが変化するので、見分けが付きやすいことも特徴です。

初代(RF1/RF2系1996年~2001年)

引用:https://www.goo-net.com/catalog/HONDA/

5ナンバー最大クラスの室内空間の広さを実現し話題となったステップワゴン。

スライドドアの搭載や、足踏み式パーキングブレーキの採用による車内移動のしやすさ、シートアレンジの豊富さでファミリーカーとしての地位を確立します。

2.0LのNAエンジンに4ATを組み合わせたシンプルな構造ですが、サンルーフなどの人気オプションの導入などにより、ミニバンといえばステップワゴンというイメージを作り上げました。

2代目(RF3/RF4系2001年~2005年)

引用:https://www.goo-net.com/catalog/HONDA/

2.0LのNAエンジンの搭載は変わりませんが、トルク・馬力の向上により、走りやすさが格段にアップした2代目ステップワゴン。

子供を中心としたファミリーに向けた車として、さまざまな場面で活躍する車内空間の実現をしています。

ただの移動手段ではなく家族の時間を過ごす居住空間として、対座・テーブル・ベッドへと姿を変える豊富なシートアレンジで人気を博しました。

3代目(RG系2005年~2009年)

引用:https://www.goo-net.com/catalog/HONDA/

つり目のヘッドライトが採用され、大幅なデザイン変更となった3代目。

低床・低重心にこだわり、車体サイズはそのままに60mmの低床化、40mmの低重心化を実現しました。

エンジンは2.0Lと2.4Lの2種類が設定され、大人数が乗車してもパワフルな走行が出来るよう進化しています。

パワースライドドアなどの便利な機能が搭載され始めたのもこの頃からです。

4代目(RK系2009年~2015年)

引用:https://www.goo-net.com/catalog/HONDA/

メッキグリルとつながるようなヘッドライトが採用され、今までよりも少し角ばった印象になった4代目。

2.0Lのエンジンを搭載し、2WDにはCVT、4WDには5ATが組み合わされました。

低床・低重心はそのままに、セキュリティシステムなどの装備を充実させました。

アイドリングストップの搭載により燃費が向上し始めたのも4代目からです。

スポーティなエアロパーツを装着した「スパーダ」は2009年、この4代目モデルから登場しています。

5代目(RP系2015年~)

引用:https://www.goo-net.com/catalog/HONDA/

ステップワゴン初となる1.5Lターボエンジンを搭載し、坂道などでもパワフルな加速が可能になった5代目。

快適で機能的な室内空間には上質さがプラスされ、「Honda SENSING」などの安全装備も搭載されました。

そして2017年の新型から、スパーダにハイブリッドモデルが追加となり、低燃費ミニバンの競争が加速することとなります。

スポンサーリンク

ステップワゴン歴代モデルの燃費・実燃費一覧!

それでは、歴代ステップワゴンのカタログ燃費・実燃費を一覧表にしてご紹介します。

全グレードをご紹介すると莫大な量になってしまいますので、モデルチェンジ単位でご紹介していきます。

モデル 燃費 実燃費
初代(RF1/RF2系) 9.9~11.4km/L 5.0~9.4km/L
2代目(RF3/RF4系) 11.0~13.2km/L 7.0~9.3km/L
3代目(RG系) 11.2~13.2km/L 8.0~10.8km/L
4代目(RK系) 12.6~16.0km/L 9.8~12.0km/L
5代目(RP系) 15.4~25.0km/L 9.9~16.9km/L

新型はハイブリッドモデルの登場があり、大幅に燃費性能を伸ばしています。

昔のステップワゴンの燃費が悪く見えるのは、それだけ燃費技術の進歩がなされていることが大きいでしょう。

全国平均150円前後のレギュラーガソリンの価格なのでなおさらそう感じざるを得ませんが、当時は110~120円ほどでしたから、そこまで燃費に対する評価が厳しくなかったというのもあります。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

実燃費のほうは、走行する地域性などによって差は生じますが、カタログ燃費の7割程度といったところ。

特に信号や渋滞が多い市街地では6km/L前後を平均とする方の口コミが多く、お買い物や送り迎えなど、市街地・住宅街のチョイ乗りがメインとなるミニバンには少しつらい数字です。

改善はされていっていますが、まだまだハイブリッドの恩恵を活かしきれていない部分があるのでしょう。

10km/Lの壁を越えられるのは、高速道路やバイパスを利用した遠出のときが多いという声が多いので、帰省や旅行の際にはそれなりに頑張ってくれます。

車両重量やサイズが大きい、荷物を積む、人が多く乗るという条件の中で、エンジンの排気量がやや小さいというのが原因のひとつとして上げられるでしょう。

スポンサーリンク

ステップワゴンの燃費をよくするコツは?

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンは、5ナンバーのサイズですが、高さもありますし、重量も1600~1700kgほどになります。

ここに家族4人が乗車し、荷物も積載したらさらに重量は増えますよね。

エンジン性能もアップし、馬力やトルクも向上してはいますが、このサイズで1.5Lターボや2.0Lのエンジンでは坂道での加速や追い越し時の加速には物足りなさがあることと思います。

カタログ燃費に少しでも近づけて、経済的にステップワゴンに乗り続けるためにはどうしたらよいか、ご紹介していきましょう。

1.重量の増加を抑える


荷物をたくさん積んだとき、人がたくさん乗ったとき、ガソリンがない状態から満タンにしたとき、「車の動きが重い」と感じたことはありませんか?

例えば、何も乗っていないリヤカーを押すのと、物が乗ったリヤカーを押すのとでは必要な力が違いますよね。

車も同じで、重いものを動かすのには大きなパワーが必要になります。

そして、パワーを出すにはエンジンの回転数を上げなければなりません。

車を軽い状態にしておくことで、車を動かす為に必要なパワーが抑えられますので、燃費の改善につながります。

2.発進と加速を減らす


重量の項目と少し重複しますが、これもリヤカーと同じ原理で例えてみましょう。

重い荷物を載せたリヤカー、停止している状態から動き始めるときには「よいしょ」とそれなりに勢いをつけますよね。

動き始めたら軽く押していけば前に進みますが、加速するときにはまた走ったりするなどの勢いをつけることになります。

車のエンジンも、この発進と加速のための勢いをつけるときに多くの燃料を噴射します。

ゆったりと歩いて押しながら、止まることなくリヤカーを目的地に運ぶのと、止まったり加速したりを繰り返しながらリヤカーを押すのとでは疲労感も違いますよね。

信号や渋滞で止まっては進んでを繰り返したり、前の車を追い越したり煽ったりするために加速と減速を繰り返すような乗り方では、車も疲れてしまいます。

燃費をよくするためには、なるべく信号の少ない道を選ぶ、渋滞していない道を選ぶ、急な加減速を減らすということでも効果を得られます。

ステップワゴンの燃費一覧まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴン歴代モデルの燃費についてご紹介してきました。

燃費が気になるミニバンですが、カタログ値では20km/Lを超えてきていても、実燃費でそれを達成できるようになるのはまだ先のようです。

それでも、旧モデルから確実に燃費性能を上げていることは確か。

旧モデルよりも安全装備の搭載などで車の重さが増していっている中で、燃費を向上させているのは技術進歩あってこその成果です。

車を使用する私たちが車に優しい運転でバックアップすることで、メーカーのクルマ作りの努力を生かすことが出来ます。

余裕とゆとりのある運転で、燃費を伸ばしていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事