室内空間の広さと取り回ししやすいボディサイズが魅力のステップワゴン。

様々なライフスタイルに合わせられるステップワゴンはミニバンの中でも特に人気の高い車種になっています。

ステップワゴンでは、その広い室内を活かし、アウトドアなどで車中泊に利用する方も増えてきました。

キャンプに行っても、テントではなく車内で睡眠をとるという方も増えています。

そこで、ステップワゴンにおすすめの車中泊ベッドのおすすめ商品をご紹介します。

スポンサーリンク

ステップワゴンの車中泊は快適?

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンの室内空間は、小物の収納も充実しており、シートアレンジも豊富でゆったりとくつろげる空間を作り出すことが出来ます。

まずは車そのものに備わる車中泊のポテンシャルを見ていきましょう。

新型ステップワゴンの室内空間の寸法

ステップワゴンの室内全体のサイズは以下のとおりです。

室内長 3,220mm
室内幅 1,500mm
室内高 1,425mm

この室内寸法にはダッシュボードが含まれているので、実際に使うことの出来るスペースはもう少し狭まります。

3列目シートを床下に格納したときの、2列目シートまでの荷室の寸法は以下のとおりです。

荷室長 約1,180mm ~ 1,760mm
荷室幅 約 985mm
荷室高 約1,245mm

2列目シートを一番前までスライドさせると、床でも男性が少しひざを曲げて横になれるくらいのスペースが出来上がります。

新型ステップワゴンのシートアレンジ

ステップワゴンはシートアレンジが豊富です。

ある程度大き目の荷物を積んだまま2人が横になれる、1,2列目をフラットにするスタイル。

最大4人が休憩できる、2,3列目をフラットにするスタイル。

そして出来るだけでこぼこの少ない状態で休める、2列目スライド・3列目格納スタイルです。

車中泊に最も適しているシートアレンジは2つ目の「2,3列目をフラットにするスタイル」で、販売されている車中泊用ベッドもこのシートアレンジを基準に作られているものが多いです。

それではステップワゴンでの車中泊におすすめのベッドをご紹介します。

スポンサーリンク

ステップワゴンにおすすめ!最適な車中泊ベッド7選

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴン用の車中泊ベッド・マットは様々な商品があります。

設置が手軽なものから、車であることを忘れてしまうような快適ベッドまで、価格も品質も様々です。

ここでは手軽なものから本格的なものになっていくよう、順に7商品をご紹介していきましょう。

Lv.1 Bear Rock キャンプマット

引用:https://item.rakuten.co.jp/gorilla55/camping_mat3/

まずは手軽に使えるキャンプマットです。

くるくる丸めて専用の袋にまとめることができ、寝袋のようにコンパクトに持ち運びが出来ます。

車中泊よりもテントなどでのアウトドアが主体という方や、仮眠程度の休憩が出来ればよいという方におすすめです。

Lv.2 ソトアソビ 車中泊マット

引用:https://item.rakuten.co.jp/o-living/7108350/

厚みのあるウレタンマットが体を支えてくれるマットレスです。

カバーについているバルブを開閉することで、空気を抜いたり入れたりしてコンパクトにまとめつつ、使用時はふっくらとしたマットレスになります。

空気を追加することで硬さを調節できるので、好みに合わせることも可能です。

Lv.3 Levolva すきまマット

引用:https://item.rakuten.co.jp/auc-sovie-store/fc-1/

シートをフラットにした状態で、座面と背面の間に生じる段差を埋めるためのマットです。

全体に敷くよりも簡単に施工でき、1、2で紹介したマットよりもよりフラットな状態で休むことが出来ます。

こちらのマットと1,2で紹介したマットを併用することで、よりリーズナブルに寝心地の良い車内を作ることも可能です。

Lv.4 LOGOS どこでもオートベッド100

引用:https://item.rakuten.co.jp/auc-ainetshop/62976/

キャンプ用品で有名なLOGOSから販売されているエアベッド。

モーターを搭載し、自動で空気を入れてくれるので大変な空気入れの作業がいりません。

サイズも、2,3列目をフラットにした状態のステップワゴンにちょうど良いので、ふかふかベッドでゆっくり休むことが出来ます。

Lv.5 ステップワゴン専用設計マットレス

引用:https://item.rakuten.co.jp/rs-online/shinke-lovebed-cotton-rp14/

車種専用設計されたマットレスです。

汎用品よりも価格が高価ですが、シートとドアの隙間に落ちてしまうような心配がなく、寝心地はとても良いです。

カバーがレザー素材になっていたり、低反発ウレタンを含んでいたりと目的に合わせて選ぶことも可能です。

画像の商品はコインランドリー等で洗濯が出来るので、万が一汚れてしまっても大丈夫!

カバーには撥水加工がなされており、水辺での使用でもお手入れがしやすいものになっています。

Lv.6 ステップワゴンベッドキット

引用:https://item.rakuten.co.jp/mgr-customs/mbk4569/?iasid=07rpp_10095___e5-jmix94ew-7zr6-b32c0056-bfc8-4078-ada8-57edf58a748f

車体の3列目部分、2列目部分にベッドの土台を作れるキットです。

フラット状態にしたシートのうえに平らなベッドを形成するので段差に悩むことはなくなります。

脚もしっかりとしているので、大人二人が横になってもびくともしません。

ベッドの高さを4段階に調節できるので、フロントシートのリクライニングも可能です。

また、2列目シート部分は左右分割が出来るので、3名乗車仕様などの乗車人数に合わせたベッド形状にすることが出来ます。

車体への穴あけやビス止めも不要なので車体を傷つけることなく、快適なベッドを設置可能に。

お値段は高めですが、ただのマットでは得られない快適な空間を叶えてくれますよ。

Lv.7 Honda純正 連結マット

引用:https://www.honda.co.jp/ACCESS/stepwgn/interior/renketsumat/

最後にご紹介するのは、安心の純正品質のマットレスです。

2,3列目をフラットにし、その上に6枚のマットを並べていくことでベッドを作ります。

1枚ものではなく、厚みも控えめなので、座面背面の傾斜は少し残ってしまいますが、ステップワゴンの購入時にすでに車中泊が決まっている場合などには車体と同時に購入も出来ます。

なによりHONDAの純正アクセサリなので安心して使用できますよね。

価格:32,400円

スポンサーリンク

ステップワゴンの車中泊に最適なベッドまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンにおすすめの車中泊ベッドをご紹介してきました。

手軽な寝袋レベルから本格的なベッドまで、「ステップワゴンで寝る」というだけでもこれだけの商品が出てきます。

普段はお買い物等で座席をしっかり使うという方は、マットを敷くほうが便利ですが、単身でステップワゴンでアウトドアを楽しむ方ならベッドを作ってしまったほうが家のように過ごすことができますよね。

ユーザーの数だけステップワゴンの使い道があるように、車中泊のベッドもどれが適しているかはユーザーのライフスタイルによって異なります。

今回ご紹介した中では、筆者のおすすめはLOGOSのどこでもオートベッドです。

車内での使用はもちろん、テントでもご自宅でも、アウトドア・来客用と幅広く使用できます。

脚踏みポンプも付属しますが、乾電池式の自動空気入れで簡単に膨らませられるのも嬉しいですね。

どれにするか迷ったら、とりあえず間違いないといえるのはLOGOSのどこでもオートベッドでしょう。

これで、快適なステップワゴンでの夜をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク
おすすめの記事