多くのファミリー層に人気のミニバン、ステップワゴンと、ステーションワゴンからミニバンタイプへと大型化しラグジュアリーさを追加したオデッセイ。

両者ともに根強いファンを有するホンダの人気車ですが、どちらがどのような方に適しているのでしょうか?

ステップワゴンとオデッセイを様々な角度から比較していきましょう。

スポンサーリンク

ステップワゴンとオデッセイを徹底比較!

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

高さがあり、ゆったりとした3列シートとママに嬉しいわくわくゲートなどの機能、豊富な小物収納を搭載したステップワゴン。

対するオデッセイは、大型化を続ける中でスタイリッシュなステーションワゴンの形を残しながら進化し、高級車のような上質空間を演出します。

大きく「家族向け」といっても、ターゲット層の異なるこの2台。

どのような違いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

外観の比較

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

まずは車の印象をきめる外観から比較していきましょう。

①デザイン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

丸みを帯びたボディラインと鋭すぎないヘッドライトで幅広い年代から愛されるフォルムのステップワゴン。

明るいカラーのバリエーションもあり、「THEミニバン」という形状です。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドはステップワゴンよりもシャープでスタイリッシュなイメージになります。

ステップワゴンよりもすこし攻撃的な印象にもなるので、比較的若いファミリーに人気です。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

オデッセイはというと、フロントマスクはステップワゴンとスパーダの中間くらいの鋭さと優しさの両方を感じられるデザイン。

高さが低めでラグジュアリーな印象になります。

②サイズ・取り回し

ステップワゴンとオデッセイのボディサイズは以下のとおりです。

外寸 ステップワゴン オデッセイ
全長
全幅
全高
4,690mm
1,695mm
1,855mm
4,840mm
1,820mm
1,695mm
最小回転半径 5.4m 5.4m

オデッセイのほうがボディが大きくなりますが、小回りの性能はほぼ同じです。

車体の全高が低めのほうが好みであればオデッセイのほうが見た目は好きでしょうし、四角いほうが周りがみやすいという場合にはステップワゴンのほうが扱いやすく感じられるでしょう。

スポンサーリンク

内装の比較

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

普段過ごす車内の印象は、好みと使い勝手の両方が重要ですよね。

デザインや収納、荷室の広さや便利な機能などを比較していきましょう。

①デザイン

まず、それぞれの室内寸法は以下のようになっています。

室内寸法 ステップワゴン オデッセイ
室内長
室内幅
室内高
3,220mm
1,500mm
1,425mm
2,935mm
1,560mm
1,325mm

ステップワゴンのほうが車内はやや広い印象です。

ステップワゴン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンは茶系、ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドは黒系のインテリアデザインになっています。

インパネは直線的で豊富な収納が備わっており、非常に過ごしやすい車内空間になっています。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

3列目シートは床下格納が可能で、3列が並んでいても窮屈な印象はありません。

窓が大きく開放感があり、3列目でも開放感があります。

オデッセイ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

オデッセイのインテリアは、ラグジュアリーとスポーティを混合したようなデザインです。

ステップワゴンとは違い、スピードメーターがアナログ表示になっているので加速にあわせたメモリの動きは高揚感も味わえます。

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

オデッセイも3列目シートは床下格納が可能です。

2列目シートにはオットマンが付いており、まるで高級車のようなシート。

3列目を格納して2列目を後ろまでスライドさせれば、気分はまるでVIPです。

②収納・荷室

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

両者ともに、3列目シートは床下に格納できるので、両サイドに圧迫感がなく荷室を有効に活用できます。

3列目使用時も床下が収納になるので、しっかりと荷物を積むことが可能です。

ステップワゴンはセンターコンソールなどがない分、ドアやシートバックの収納が豊富です。

オデッセイは必要と思われる場所にはしっかりと収納がありますが、ステップワゴンほど「こんなところにも!?」とはなりません。

小物の収納場所を確保したい方にはステップワゴンのほうが良いでしょう。

③便利機能

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

便利機能といえばステップワゴン。

人気の「わくわくゲート」は様々な場面で大活躍です。

車両後部にスペースの少ない駐車場でも、横開きを使えばベビーカーなどの大きな荷物も簡単に限られたスペースで積み下ろしが可能です。

また、ステップワゴンはディーラーオプションで「ハンズフリースライドドア」を追加可能。

車体下のセンサーに足をかざすだけでスライドドアの開閉が出来るようになります。

このような「便利!」な機能はオデッセイにはなく、乗る人の年齢層が車のターゲット層と異なる点からきているのではないかと思います。

ステップワゴンに乗る方々は小さなお子様がいて、大きな荷物の積み下ろしや両手がふさがる場面が多く想定されています。

そういった意味では、お子様が小さいご家庭ではステップワゴン。たまに親戚が来て大人数で乗ることがあるご夫婦などはオデッセイ、といったような住み分けがされているのでしょう。

性能の比較

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

車としての本質、走行に関する性能。

その中でもエンジンの性能と安全装備について比較してみましょう。

①エンジン性能

車そのものの性能を決めるエンジンの性能。

それぞれのエンジンのパワーはどのようになっているのでしょうか。

ガソリン車

エンジン性能 ステップワゴン オデッセイ
エンジン種類 直列4気筒DOHC1.5Lターボ 直列4気筒DOHC2.4L
最高出力 110kW(150PS)
/5,500rpm
140kW(190PS)
/6,400rpm
最大トルク 203N・m(20.7kgf・m)
/1,600-5,000rpm
237N・m(24.2kgf・m)
/4,000rpm

ハイブリッド車

エンジン性能 ステップワゴン
ハイブリッド
オデッセイ
ハイブリッド
エンジン種類 直列4気筒DOHC2.0L
+モーター
直列4気筒DOHC2.0L
+モーター
最高出力 107kW(145PS)
/6,200rpm
107kW(145PS)
/6,200rpm
最大トルク 175N・m(17.8kgf・m)
/4,000rpm
175N・m(17.8kgf・m)
/4,000rpm
モーター最高出力 135kW(184PS)
/5,000-6,000rpm
135kW(184PS)
/5,000-6,000rpm
モーター最大トルク 315N・m(32.1kgf・m)
/0-2,000rpm
315N・m(32.1kgf・m)
/0-2,000rpm

ガソリンエンジンでは、ステップワゴンが1.5Lターボ、オデッセイが2.4L自然吸気エンジンです。

パワー面ではややオデッセイのほうが上ですが、市街地での走行で体感的な差はあまり感じられません。

むしろダウンサイジングターボのほうが経済的で、ステップワゴンは中低速域のトルクがあるので市街地メインの方はステップワゴンのほうが扱いやすいです。

ハイブリッド車は同じなので、ハイブリッド車の中から選びたいという場合には、実燃費や外観・内装、車体価格など他の項目で比較して絞るべきでしょう。

②安全装備

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

両者共通のホンダの先進安全装備「Honda SENSING」

カメラとレーダーによる前方車両・歩行者・障害物の検知機能と、ブレーキ・アクセル・ステアリングの制御機能により、車が安全かどうかを判断して運転サポートをしてくれます。

前車追従式のオートクルーズは巡航時の高速道路や渋滞時の運転支援をしてくれるので、運転者も快適に長旅を過ごすことができるようになっています。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

また、万が一の衝突の際に後部座席の乗員保護をしてくれる「サイドカーテンエアバッグ」。

ミニバンや軽自動車でも採用する車種は増えてきていますが、ステップワゴンは最上位グレードでのみ標準装備、他はオプション装備です。

オデッセイは全グレードで標準装備となり、安全装備面ではオデッセイが1歩リードです。

維持費の比較

最後に比較するのはお金の部分です。

車体価格、燃費、税金の3つの項目で比較してみましょう。

①車体価格

お金の面で最初にぶつかる車体価格の壁。

ステップワゴンは250~400万円の価格帯となりますが、オデッセイは300~450万円の価格帯になります。

車体価格 ステップワゴン オデッセイ
最安グレード 2,455,920円~ 2,980,000円~
最上位グレード 3,051,000円~ 3,653,600円~
車体価格 ステップワゴン
ハイブリッド
オデッセイ
ハイブリッド
最安グレード 3,300,480円~ 3,836,400円~
最上位グレード 3,559,680円~ 4,1450,000円~

それだけオデッセイには「上質」が詰め込まれていますから、決して大きすぎる価格差ではないものの、車にかける費用を抑えたい家族にはステップワゴンのほうが適しているのではないでしょうか。

②燃費

維持していく上で大切な項目、燃費。

カタログ値と実燃費の平均値で比較してみましょう。

燃費 ステップワゴン オデッセイ
JC08燃費 15.4~17.0km/L 12.6~14.0km/L
実燃費平均値 10.84km/L 9.58km/L
燃費 ステップワゴン
ハイブリッド
オデッセイ
ハイブリッド
JC08燃費 25.0km/L 20.0~20.8km/L
実燃費平均値 16.65km/L 15.50km/L

ステップワゴンはミニバンの中でも実燃費がよいのが特徴です。

オデッセイも決して悪いほうではないのですが、燃費で考えるのであればステップワゴンのほうが経済的ということになります。

③自動車税・車検代

毎年5月ごろに納税を行う自動車税は、エンジンの総排気量によって金額が決まります。

自動車税 ステップワゴン オデッセイ
税額 34,500円 45,000円
自動車税 ステップワゴン
ハイブリッド
オデッセイ
ハイブリッド
税額 39,500円 39,500円

ガソリン車ではステップワゴンが1.5L、オデッセイが2.4Lで金額差が1万ほどになってしまいます。

ハイブリッド車の排気量は同じなので、同額となります。

車検の際にかかる自動車重量税は車両の重さとエコカー減税の対象かどうかで金額が変わります。

ステップワゴンとオデッセイは両者とも1800kg前後となるので、1.5t~2.0tの区分で金額が決まります。

車検代
(初回更新時)
ステップワゴン オデッセイ
自動車重量税 20,000円 32,800円
エコカー減税 減税25% なし
車検代
(初回更新時)
ステップワゴン
ハイブリッド
オデッセイ
ハイブリッド
自動車重量税 0円 0円
エコカー減税 免税 免税

ステップワゴンはガソリン車でもエコカー減税対象ですが、オデッセイはエコカー減税対象ではないので、重量税が高額になります。

ハイブリッドカーの場合の維持費の差額は主に燃費の部分と車体代となりますが、ガソリン車の場合はオデッセイのほうが維持費が高額となるので、グレード選びの際は注意が必要です。

ステップワゴンVSオデッセイまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

ステップワゴンとオデッセイを比較してきました。

まとめると以下のようになります。

  • カジュアルなステップワゴン、洗練されたスパーダ、上質なオデッセイといった印象の違いがある
  • 収納が豊富で使い勝手が良いのがステップワゴン、VIP気分を味わえるのがオデッセイ
  • 小さなお子様がいる家庭にはステップワゴンのほうが便利
  • エンジンのパワー面は体感的にはほぼ同じ
  • 安全装備もほぼ同等だが、オデッセイにはカーテンエアバッグが標準装備されている
  • 車体価格はオデッセイが50万円ほど高い
  • 燃費や税金などの維持費はステップワゴンのほうが経済的

あなたが、小学校低学年以下のお子様がいるパパママなら、ステップワゴンのほうがおすすめです。

わくわくゲートやハンズフリースライドドアは日々のお買い物などでかなり便利さを発揮してくれます。

子育てがある程度落ち着いてきたパパママの場合は、オデッセイもいいでしょう。

室内空間がゆったりしているので、家族旅行などでも快適な旅を楽しむことが出来ます。

両者それぞれに良い点がある対決でしたが、やはり「ファミリーに」おすすめという観点ではステップワゴンのほうが利便性の面で優位です。

ぜひ販売店でも展示車をみたり試乗をしたりして違いを体感してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事