世代を問わず人気の高いミニバン、ステップワゴンとヴォクシー。

新たにミニバンを購入するときにこの2台を候補として比較している方も多いでしょう。

そこまで差がないように見える2台ですが、異なる部分が結構あるんです。

どちらを選んだほうが良いのかの参考のため、様々な角度からステップワゴンとヴォクシーを比較していきます。

スポンサーリンク

ステップワゴンとヴォクシーを徹底比較!

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

丸みのあるデザインのステップワゴンと、洗練されたデザインのステップワゴンスパーダ。

そしてやや攻撃的なフロントマスクが魅力のヴォクシー。

デザインの面でも違った魅力がありますが、機能面や燃費など、見た目以外の部分の比較が乗り続けていくためには重要ですよね。

ステップワゴンとヴォクシーの違いを、項目ごとに分けてご紹介します。

スポンサーリンク

外観の比較

引用:https://toyota.jp/voxy/

まずは外観、デザイン面の比較です。

ここは好みによる部分が大きくなりますので、簡単にご紹介していきましょう。

①デザイン

ステップワゴン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

まずは丸みのあるデザインのステップワゴン。

カラーバリエーションも、白や黒などのベーシックカラーと、優しい風合いのミルクグラスパールや鮮やかな水色のブルーホライゾン・メタリックなど明るめの色味が多いのが特徴です。

ステップワゴンスパーダ・ステップワゴンスパーダハイブリッド

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

スタイリッシュさが強調されたスパーダは、LEDヘッドライトの採用により全体的に洗練され、ステップワゴンよりも少し角ばった印象に。

カラーバリエーションは暗い色が多く、上質感を演出するカラーがメインです。

カスタムの仕方によっては、ラグジュアリーにもスポーティにも変身します。

ステップワゴン モデューロX

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンをベースに、モデューロX専用装備のバンパーを装備して上質感のある雰囲気に仕上げています。

カラーはホワイト・ブラック・パープルの3色のみで、内装カラーもステップワゴンの茶系ではなくブラックを基調とした上質な雰囲気に変わっています。

ヴォクシー X・V、ヴォクシーハイブリッド X・V

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーはグレードによりバンパーなどのエアロパーツの雰囲気が変わります。

グレードXでは加飾等もなくシンプルで、ヴォクシーにいかつさを感じる方でも比較的乗りやすいデザインです。

グレードVではフォグランプ部分にメッキ加飾が加わることにより、控えめながら存在感のあるデザインになっています。

カラーはベーシックカラーをベースとした落ち着いた深みのある色合いが多く、鮮やかなカラーの設定はありません。

ヴォクシー ZS、ヴォクシーハイブリッド ZS

引用:https://toyota.jp/voxy/

グレードZSになると、ヴォクシーらしい「おらおら感」「いかつい」といったイメージにつながるインパクトのあるバンパーデザインに変わります。

ヘッドライト下からフォグランプまでつながる塗りわけ部分は社外エアロなどでも取り入れられる人気のデザインです。

ヴォクシー ZS”GR SPORT”

引用:https://toyota.jp/voxy/

トヨタのスポーツラインとして登場した「GR SPORT」は、スポーツカーやセダンだけでなくSUVやミニバンにも設定があります。

足回りなどの走行性能や内装デザインなどのいたるところに専用設計を加えたGR SPORTは専用のスポーティーなバンパーなどを装備しており、まさしく「走るためのミニバン」です。

②サイズ・取り回し

駅までの送り迎えや近所のスーパーへの買い物など、道幅の広くない住宅街などの走行が見込まれるミニバン。

車体の見切りのよさはもちろん、車体の大きさや小回りも気になりますよね。

それぞれの車体寸法と最小回転半径は以下のとおりです。

外寸 ステップワゴン ヴォクシー
全長
全幅
全高
4,690mm
1,695mm
1,855mm
4,710mm
1,735mm
1,825mm
最小回転半径 5.4m 5.5m

ステップワゴンのほうがわずかにコンパクトで、小回りも利きやすくなっています。

ご自宅周辺の道路が狭いというような方はステップワゴンのほうが、対向車とのすれ違いなどもしやすいでしょう。

スポンサーリンク

内装の比較

引用:https://toyota.jp/voxy/

次は普段過ごす車内デザインの比較です。

上質感を演出したデザインの中に、収納や積載力などミニバンの居住空間を決める様々な機能を比較していきます。

①デザイン

ステップワゴン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンのインパネは、直線的で目線の移動が少なく、死角を作りにくい設計で安全にも配慮されたデザインになっています。

ぬくもりと高級感のある木目調のデザインで、ステップワゴンは茶系、ステップワゴンスパーダ・ハイブリッドは黒系のカラーにすることで印象をがらりと変えています。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

3列シートですが1列目からウォークスルーになったシート配列で車内の移動がしやすく、3列目は窓の大きさなどに配慮がなされ、開放感のある車内空間となっています。

3列目は予備としてではなく日常的に使用できるような乗り心地になっており、使用しないときは床下に格納することでスペースを有効活用できるようになっています。

ステップワゴンは1列目と2列目、2列目と3列目の組み合わせでフルフラットにも出来るので、車中泊でもゆったり休めるスペースを作れます。

ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーのインパネは、助手席部分がすっきりしているのでステップワゴンよりも足元は広く感じるかもしれません。

アナログメーターが付いているので、タコメーターやスピードメーターのスポーティさはヴォクシーのほうが感じられるでしょう。

引用:https://toyota.jp/voxy/

シートデザインは両者近いものがありますが、ヴォクシーにはセンターコンソールがあるので車内移動は少ししづらくなります。

ヴォクシーの2列目シートは、810mmのスライド範囲があり、3列目を収納して1列目と2列目の間をあけてゆったりスペースを作ったり、一番前までスライドさせて後ろにフラットなスペースを作ることも可能。

3列目シートは跳ね上げ式になっています。

②収納・荷室

それぞれの室内寸法は以下のようになっています。

室内寸法 ステップワゴン ヴォクシー
室内長
室内幅
室内高
3,220mm
1,500mm
1,425mm
2,930mm
1,540mm
1,400mm

車体寸法はステップワゴンのほうが小さかったですが、室内はわずかにステップワゴンのほうが広く感じられるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンは、メーターがデジタルだけなのでインパネの収納が豊富です。

また、フロントシート両側にシートバックテーブルが付いているので、車内での飲食も快適に行えます。

ドリンクホルダーも全席に余るほど備わっています。

引用:https://toyota.jp/voxy/

ヴォクシーも小物入れやトレー・ポケットなどが豊富に備わっており、使い勝手は良いでしょう。

ステップワゴンとは異なり、センターコンソール、2列目のセンターにサイドテーブルが装備され、各列に大きめの収納がありますがステップワゴンのように小分けに出来るような仕切り付きではないので、それぞれに使い勝手のよさ・不便さがあります。

この部分は特に展示車など実物の確認時にしっかりとご自身の用途とすりあわせを行ったほうが良いでしょう。

③便利機能

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ここがステップワゴンとヴォクシーの使い勝手のよさの勝敗を決めるといっても過言ではありません。

ステップワゴンといえば「わくわくゲート」。

バックドアをタテにも横にも開くことができ、荷室への荷物の積み込みが狭い駐車場でも簡単に行えるようになっています。

身長が低めでも無理な背伸びをしてバックドアを開閉する必要がなく、後ろのスペースが狭くてもベビーカーなどの積み下ろしが行えるので、ママさんには非常に便利です。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

また、ディーラーオプションでスライドドアのしたのセンサーに足をかざすとスライドドアを開閉できる機能を付けることが出来るので、お子様を抱っこしているときや両手がふさがっているときでもスライドドアを開け閉めすることが可能です。

ヴォクシーは、パワースライドドアやドアハンドルを軽く握るだけで鍵の施錠・開錠が出来る機能は付いていますが、完全なハンズフリーでスライドドアを開閉する機能や、バックドアへの工夫がありません。

お子様がある程度大きいご家庭ではこれらの機能を気にすることなく選ぶことができますが、やんちゃな幼稚園児くらいまでのお子様がいらっしゃる方にはステップワゴンのほうがお出かけの様々な場面で助かることが出てくるのではないかと思います。

性能の比較

引用:https://toyota.jp/voxy/

街中はもちろん、家族旅行などの遠出もするミニバンだからこそ、エンジン性能や安全性能も大切になってきます。

長距離運転手を多く任されるであろうパパにストレスの少ない走行性能を持っているほうはどちらなのでしょうか?

①エンジン性能

それぞれのエンジン性能は以下のようになっています。

エンジン性能 ステップワゴン ヴォクシー
エンジン種類 直列4気筒
DOHC1.5Lターボ
直列4気筒
DOHC2.0L
最高出力 110kW(150PS)
/5,500rpm
112kW(152PS)
/6,100rpm
最大トルク 203N・m(20.7kgf・m)
/1,600-5,000rpm
193N・m(19.7kgf・m)/3,800rpm
エンジン性能 ステップワゴン
ハイブリッド
ヴォクシー
ハイブリッド
エンジン種類 直列4気筒DOHC2.0L
+モーター
直列4気筒DOHC1.8L
+モーター
最高出力 107kW(145PS)/6,200rpm 73kW(99PS)/5,200rpm
最大トルク 175N・m(17.8kgf・m)
/4,000rpm
142N・m(14.5kgf・m)
/4,000rpm
モーター最高出力 135kW(184PS)/5,000-6,000rpm 60kW(82PS)
モーター最大トルク 315N・m(32.1kgf・m)
/0-2,000rpm
207N・m(21.1kgf・m)

この表からわかるのはエンジンが持つパワー。

ステップワゴンもヴォクシーも1.5tを越える車両重量ですから、街中でも快適に走るにはそれなりのパワーが必要です。

また、非力なエンジンでは発進や加速でパワーを出そうとエンジンが頑張ってしまい、燃費の悪化にもつながります。

ガソリン車、ハイブリッド車ともに、ステップワゴンのほうがパワー面で有利なエンジンを搭載しています。

発進時の加速はもちろん、上り坂での速度の維持・加速や、高速走行時の追越などのための加速など、あらゆる場面で「ステップワゴンのほうが力があって走りやすい」というのは感じ取ることが出来ます。

気になる方はぜひ試乗にて乗り比べをしてみてください。

②安全装備

引用:https://toyota.jp/voxy/

両者ともに、カメラやセンサーによって障害物や歩行者を検知し、ブレーキ・アクセル等の制御を行う安全装備「Honda SENSING」「Toyota Safety Sense」を搭載しています。

歩行者を発見し警告、ブレーキ操作の有無によってブレーキ制御を行い衝突の回避や軽減をはかるプリクラッシュブレーキなどを搭載しています。

ここでも機能差が生じ、ステップワゴンには巡航時や渋滞時に便利な前車追従式オートクルーズ機能が付いていますが、ヴォクシーにはそれが付いていません。

また、もしもの衝突時に後部座席の乗員を守るためのサイドカーテンエアバッグも、ステップワゴンの最上位グレードでは標準装備なのに対し、ヴォクシーは全グレードでオプションとなっています。

維持費の比較

最後に、気になるお金の面を比較していきます。

購入するときだけでなく、維持していくのにもお金がかかりますから、お子様のいるご家庭ではそこも重要視されますよね。

車体価格、燃費、税金の3つについてみていきましょう。

①車体価格

車体価格は、ヴォクシーのほうが少し安い価格設定となっています。

その分機能面に差が見受けられるので、金額差は性能差として妥当な金額の範疇ではないでしょうか。

車体価格 ステップワゴン ヴォクシー
最安グレード 2,455,920円~ 2,466,720円~
最上位グレード 3,051,000円~ 2,745,360円~
車体価格 ステップワゴン
ハイブリッド
ヴォクシー
ハイブリッド
最安グレード 3,300,480円~ 3,014,280円~
最上位グレード 3,559,680円~ 3,269,160円~

②燃費

それぞれのカタログ燃費と実燃費の平均値の値は以下のとおりです。

燃費 ステップワゴン ヴォクシー
JC08燃費 15.4~17.0km/L 14.8~16.0km/L
実燃費平均値 10.84km/L 10.79km/L
燃費 ステップワゴン
ハイブリッド
ヴォクシー
ハイブリッド
JC08燃費 25.0km/L 23.8km/L
実燃費平均値 16.65km/L 16.30km/L

ガソリン車・ハイブリッド車ともにステップワゴンのほうがわずかに実燃費がよいという結果に。

ちりも積もれば両者間の車体価格差は機能差と燃費の差で十分に埋められるでしょう。

③自動車税・車検代

毎年支払う自動車税。

総排気量に応じて金額が決まります。

自動車税 ステップワゴン ヴォクシー
税額 34,500円 39,500円
自動車税 ステップワゴン
ハイブリッド
ヴォクシー
ハイブリッド
税額 39,500円 39,500円

ガソリン車では1.5Lのエンジンを搭載しているステップワゴンのほうが安く、それ以外は同額です。

パワー面でも不足はないので、ガソリン車で自動車税も抑えたいという方はステップワゴンを選ぶと維持費も抑えられます。

車検の際にかかる自動車重量税は、車体重量に応じて金額が変わります。

いずれも1.5t~2.0tの区分となりますので、エコカー減税の対象かどうかで、新車購入後の最初の車検更新時の税額に大きな差が生じます。

車検代
(初回更新時)
ステップワゴン ヴォクシー
自動車重量税 20,000円 32,800円
エコカー減税 減税25% なし
車検代
(初回更新時)
ステップワゴン
ハイブリッド
ヴォクシー
ハイブリッド
自動車重量税 0円 0円
エコカー減税 免税 免税

ハイブリッドカーはいずれもエコカー減税の免税対象車なので、初回車検更新時は自動車重量税がかかりません。

ガソリン車を購入する場合は、ガソリン車もエコカー減税の対象となっているステップワゴンのほうが車検費用が安くおさまります。

ステップワゴンVSヴォクシーまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

様々な角度からステップワゴンとヴォクシーを比較してきましたが、結果はステップワゴンの圧勝といって良いでしょう。

ステップワゴンのほうが優れていると判断したポイントは以下の5つです。

  1. エコカー減税がガソリン車も対象
  2. 実燃費が良い
  3. エンジンにパワーがあり街乗りがしやすい
  4. 小さなお子様のママに嬉しい機能が多い
  5. 先進安全装備の機能が充実

家族で乗る車をメインとしているミニバンにおいて、「ママとお財布に優しい」というのは必要不可欠な条件だと思います。

パパには走行性能やエンジン性能、安全装備の進歩で運転を楽しく、時には車任せで快適にという面で貢献。

ママにはお買い物の際に便利なわくわくゲートやハンズフリーオートスライドドア、車内の収納、死角を減らすミラーなどで貢献。

ステップワゴンはファミリーカーとして出来ることをふんだんに盛り込んでいます。

ぜひ、実車をご確認いただき試乗をして乗り心地や使い勝手の良さを体感してみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事