ホンダの人気ミニバンであるステップワゴンとフリード。

全体のバランスがよく便利な機能を搭載したステップワゴンと、低燃費でコンパクトなサイズがちょうど良いフリードはそれぞれに良い点がありますよね。

どちらのほうが適しているのかイマイチわからないという方のために、ステップワゴンとフリードの比較を行っていきましょう。

スポンサーリンク

ステップワゴンとフリードを徹底比較!

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

This is最高にちょうど良いホンダ」というキャッチフレーズも懐かしいものになってしまいましたが、とり回しがしやすく大きすぎないサイズが人気のフリード

ステップワゴンのような「THE ミニバン」という形は大きさが不安、燃費はどうなの?という疑問もあるでしょう。

外観やインテリア、性能面などを順に比較していきます。

スポンサーリンク

外観の比較

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

車のイメージを決める外観デザイン。

「オラオラしている」とか「怖そう」「若そう」など、乗る車のデザインからオーナーの印象までイメージしてしまうように大事な部分です。

ここは好みが大きく左右する項目でもあるので、簡単にご紹介していきましょう。

①デザイン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンはやや丸みのあるデザインで、幅広い層に受け入れられやすいデザインになっています。

カラーバリエーションも明るい鮮やかなカラーが多く、楽しくわいわいと乗るようなイメージですね。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンスパーダは角ばった印象で、洗練されたフロントマスクから、少し鋭いイメージになります。

車の印象から受けるオーナーのイメージも「若い家族が乗っていそう」とか「いかつい」といった印象になりやすい面があります。

カラーは深みのある暗めの色が多く、「かっこいい・上質・スポーティ」を意識したデザインとなっています。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリードは、明るいカラーの設定が多いです。

ステップワゴンとフィットを足して割ったようなイメージで、ミニバンと呼ぶには少し小さいように感じる方も多いかもしれません。

丸みがあり、やや女性的な印象ですが鋭すぎないスタイリッシュなヘッドライト・グリルデザインでバランスよく仕上がっています。

②サイズ・取り回し

ステップワゴンとフリードの寸法は以下のとおりです。

フリードのほうが一回りほど小さいですが、幅は同じです。

フリードのほうが小回りが利くので、狭い路地や駐車場での使いやすさはフリードのほうが上でしょう。

外寸 ステップワゴン フリード
全長
全幅
全高
4,690mm
1,695mm
1,855mm
4,265mm
1,695mm
1,710mm
最小回転半径 5.4m 5.2m
スポンサーリンク

内装の比較

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

ステップワゴンとフリードは同じメーカーですので、インテリアの質感なども近いものがあります。

グレードごとにインテリアカラーが変わるというのも共通です。

それぞれのインテリアを見てみましょう。

①デザイン

まずはそれぞれの室内寸法です。

室内寸法 ステップワゴン フリード
室内長
室内幅
室内高
3,220mm
1,500mm
1,425mm
3,045mm
1,455mm
1,285mm

外寸同様、フリードのほうが一回り小さくなります。

特に、車内の高さが15cmほど低くなるので、ステップワゴンの中で立ったり中腰になったりで車内移動が出来ていても、フリードではそれが難しくなります。

ではデザインを見てみましょう。

ステップワゴン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンのインパネは木目調による上質感が演出されています。

ステップワゴンはブラウン系、スパーダ・ハイブリッドは黒系のカラーを基調とし、大きくイメージも変わります。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

室内空間は大きな窓と後ろまで取った3列シートの配置により、開放感のある空間になっています。

5人以上での乗車の機会が多いという方には、ステップワゴンのほうが窮屈さを感じることなく快適に過ごすことができるでしょう。

フリード

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリードのインパネは木目パネルがステップワゴンよりも上部に配置されているので、全体的な印象が明るくなります。

フリードはベージュ・ブラウン系のカラー。フリード+はブラック系のカラーを基調とし、こちらもグレードに応じてイメージが変わるのでグレード選びも重要になるでしょう。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリードは広さがステップワゴンには及ばない分、3列目に窮屈な印象があります。

「帰省時に祖父母を乗せるときしか3列目は使わないかな~」というご家族には必要十分、普段は3列目を格納して荷室にしておけば使い勝手は問題ないでしょう。

フリードは運転のしやすさがいいのですが、子沢山なファミリーや、お子様のスポーツの習い事などでチームのお子さんも一緒に公園や体育館まで送迎があるといったような用途の場合は、広めのステップワゴンのほうが使いやすいと考えられます。

②収納・荷室

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンの3列目シートは床下格納式になっており、2列シートの車と同様のフラットで幅も有効に活用できる荷室になっています。

インパネやドアポケット、ドリンクホルダーなども豊富に備わっており、センターコンソール等がないので車内の移動もラクに行えます。

たくさんの荷物・小物の収納と快適な車内の両立がなされた室内空間です。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリードの3列目シートは両サイドへのはね上げ式なので、上部は幅が狭くなります。

また、小物入れも十分すぎるほど設置されているステップワゴンと比較すると、「最低限欲しいところにはある」程度で、充実しているかといわれると感じ方には個人差があるでしょう。

荷物が多い、アウトドアが趣味、車中泊をしたいというような目的がある方は、ステップワゴンを選んだほうが快適に過ごすことができます。

③便利機能

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴンの便利機能といえば「わくわくゲート

後ろが狭い立体駐車場や、フェンスの近い駐車場でもバックドアを横開きにすることで荷室の荷物をらくらくと積み下ろしできます。

フリードの場合は通常のタテ開きのみとなっています。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

フリード・ステップワゴンともに、ディーラーオプションの「ハンズフリースライドドア」をつければ、車体下のセンサーに足をかざすだけでスライドドアの開閉が可能になります。

お買い物の荷物で両手がふさがっているときや、小さなお子様を連れていたり抱っこしていたりというときに非常に便利な機能です。

手を使わずにあけることで、小さなお子様が手をはさんでしまうというような事故も防ぐことが出来ますね。

ベビーカーなどの大きな荷物を日常的に積み降ろす場合にはステップワゴンのほうが便利かと思います。

性能の比較

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

市街地で、遠出の高速道路で、車の性能が試されます。

非力な車での長距離走行や大人数を乗せての移動はなかなか疲れるものがありますから、少しでも快適でパワフルに走ってくれるほうがいいですよね。

エンジンや安全装備など、車としての性能を比較してみましょう。

①エンジン性能

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

エンジン性能は以下のようになっています。

エンジン性能 ステップワゴン フリード
エンジン種類 直列4気筒
DOHC1.5Lターボ
直列4気筒
DOHC1.5L
最高出力 110kW(150PS)
/5,500rpm
96kW(131PS)
/6,600rpm
最大トルク 203N・m(20.7kgf・m)
/1,600-5,000rpm
155N・m(15.8kgf・m)
/4,600rpm
エンジン性能 ステップワゴン
ハイブリッド
フリード
ハイブリッド
エンジン種類 直列4気筒DOHC2.0L
+モーター
直列4気筒DOHC1.5L
+モーター
最高出力 107kW(145PS)
/6,200rpm
81kW(110PS)
/6,000rpm
最大トルク 175N・m(17.8kgf・m)
/4,000rpm
134N・m(13.7kgf・m)
/5,000rpm
モーター最高出力 135kW(184PS)
/5,000-6,000rpm
22kW(29.5PS)
/1,313-2,000rpm
モーター最大トルク 315N・m(32.1kgf・m)
/0-2,000rpm
160N・m(16.3kgf・m)
/0-1,313rpm

車体の重さがステップワゴンのほうが重いので、これだけのパワー差はやはり必要でしょう。

ステップワゴンのガソリン車にはターボが付いており、ハイブリッド車はエンジン・モーターともに100psを越えるパワーがあるので、発進・上り坂・高速走行時の加速などで不満を感じることは少ないでしょう。

フリードについても必要十分なパワーが備わっています。

6~7人乗車時の上り坂での加速などでは多少エンジンがうなるような感覚は出てしまいますが、不満に感じるほどではないでしょう。

②走行性能

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ホンダの足回りは硬い」とよく言われますが、確かに他社のミニバンなどに比べると、ステップワゴンもフリードもホンダの車となり、やや硬めの乗り心地です。

しかし、スポーツカーのようにわずかな段差でもぴょんぴょんはねてしまうわけではなく、しなやかさを求めるあまりふわふわしすぎて車酔いしてしまうということもなく乗れるのがホンダのミニバンの魅力でもあります。

路面の状況を運転者に伝えつつ、2列目3列目に不快な突き上げが起こりにくく設定された足回りは、走る楽しさと乗り心地のよさの両立が図られています。

③安全装備

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

ステップワゴン・フリードともに装備されている「Honda SENSING」。

カメラとレーダーにより、前方車両・歩行者・障害物を認識し、ブレーキ・アクセル・ステアリングの制御を行う運転支援機能搭載の安全装備です。

衝突回避や衝突被害の軽減、巡航時や渋滞時の前車追従式オートクルーズ、駐車アシストなどの便利な機能が満載で、大きな車を運転するのは不安という方でも、車側がサポートをしてくれるので安心して運転できます。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

また、衝突してしまった際も、フロントシートだけでなく後部座席の乗員保護もできる「サイドカーテンエアバッグ」を最上グレードで標準装備、一部グレードでオプション装備としており、もしものときも車があなたを守ってくれます。

安全装備という面では、どちらも充分な機能があります。

維持費の比較

最後に比較するのはお金の面です。

ミニバンを検討する方の多くはファミリー。

家族が増えるタイミングで、という方も多いのではないでしょうか。

そうなると車にばかり高額なお金を掛けていられなくなるので、節約できるところは節約したいものですよね。

車体価格、燃費、税金の3つについてみてみましょう。

①車体価格

車体価格は、車体が大きく、装備なども充実しているステップワゴンのほうが高くなります。

空間の広さ・快適さ、性能面を考えると妥当な金額差でしょう。

車体価格 ステップワゴン フリード
最安グレード 2,455,920円~ 1,880,000円~
最上位グレード 3,051,000円~ 2,852,280円~
車体価格 ステップワゴン
ハイブリッド
フリード
ハイブリッド
最安グレード 3,300,480円~ 2,256,000円~
最上位グレード 3,559,680円~ 3,152,520円~

②燃費

ミニバンの中でも低燃費で知られるフリード。

ステップワゴンも同クラスのミニバンの中ではトップクラスの低燃費です。

少しでも燃料代を抑えたい方はフリードのほうが良いでしょう。

燃費 ステップワゴン フリード
JC08燃費 15.4~17.0km/L 16.4~19.0km/L
実燃費平均値 10.84km/L 14.74km/L
燃費 ステップワゴン
ハイブリッド
フリード
ハイブリッド
JC08燃費 25.0km/L 25.2~27.2km/L
実燃費平均値 16.65km/L 17.93km/L

③自動車税・車検代

毎年納税を行う自動車税は、エンジンの排気量で金額が決まります。

ステップワゴンのハイブリッドのみ2.0Lになるので金額が上がりますが、その他は同じです。

自動車税 ステップワゴン フリード
税額 34,500円 34,500円
自動車税 ステップワゴン
ハイブリッド
フリード
ハイブリッド
税額 39,500円 34,500円

車検の際に支払う自動車重量税は、購入時のエコカー減税の対象や、車両重量により金額が異なります。

車体の重さが軽いフリードのほうが金額を抑えることが出来ます。

車検代(初回更新時) ステップワゴン フリード
自動車重量税 20,000円 15,000円
エコカー減税 減税25% 減税25%
車検代(初回更新時) ステップワゴン
ハイブリッド
フリード
ハイブリッド
自動車重量税 0円 0円
エコカー減税 免税 免税

ステップワゴンVSフリードまとめ

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

ホンダのミニバン、ステップワゴンとフリードを比較してきました。

どちらのほうが優れているというのをはっきりさせるのはなかなか難しい戦いです。

  • 安全装備・走行性能はメーカーが同じなのでほぼ同等である
  • デザインは好みで選ぼう
  • 車体はフリードのほうが小さく、小回りが利く
  • インテリアデザインはいずれも茶系・黒系を基調とし、グレードにより異なる
  • 室内空間はステップワゴンのほうが広く快適
  • ステップワゴンは3列目が床下格納できるので荷物も多く積み込める
  • ステップワゴンのほうが小物の収納が充実
  • 燃費、税金など維持費を抑えられるのはフリード

といった内容でしたので、「人・荷物を多く乗せる人はステップワゴン」「小回り重視・維持費の安さ重視な人はフリード」がおすすめです。

気になる方はぜひ販売店で展示車の確認・試乗を行ってみてください。

新たなカーライフの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事