多くのファミリーから愛されるステップワゴン。

モデルチェンジごとに都会的なデザインへと変貌を遂げ、人気となっているグレード、スパーダ。

純正のままでもかっこよく、カスタムパーツも豊富なステップワゴンスパーダは車好きパパの強い味方でもあります。

走行性能、室内空間、デザインの質の高さに加え、1.5Lターボと2.0Lハイブリッドをラインナップすることにより様々なスタイルに適したグレードを選択できることもステップワゴンスパーダの魅力。

そんなステップワゴンスパーダの口コミ・評価をまとめました!

スポンサーリンク

新型ステップワゴンスパーダのエクステリア・インテリアに関する口コミ・評価

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

それでは、口コミ・評価をジャンル別にご紹介していきましょう。

1つ目はエクステリアとインテリア

デザインや使い勝手に関する口コミや評価を集めました。

エクステリアとインテリアは・・・

  • 質感はかなり高く、全体的に開放感を感じる。シンプルで見やすいスピードメータが好印象。
  • 先代スパーダの方がカッコいい。
  • 3ナンバーになってしまい残念。
  • 昔のホンダ車は安っぽい内装だったが質感が向上している。
  • 2列目・3列目シートからの乗り降りがしやすい
  • 3列目シートの開放感は素晴らしい
  • エクステリアはトヨタのミニバンほどいかつくないので幅広いユーザーに受け入れられやすいと思う。
  • スパーダは若向きなデザインなのでおじさんはちょっとためらう。
  • 3列目が分割できるので荷物の積み込みと乗れる人数の調整が利いて便利。
などなど

エクステリアについては、好みもあるので賛否両論ありました。

いかつすぎるという方もいれば、かっこいいという方もいる状況ですが、どちらかというと高評価とする声のほうが多く見受けられました。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

インテリアについては、インパネの直線的なデザインについて意見が分かれています。

目線の移動が少なく小物入れが充実しているので便利と評価する方と、昔の車みたいだと表現する方ときっぱり別れるような印象です。

しかし、ミニバンの最大の魅力である3列シートについては、3列目の快適さに高評価があつまっており、室内空間の開放感から、インテリア全体の評価も依然として高いものとなっています。

デザイン面は好みやライフスタイルによって評価が分かれやすい項目でもあるので、ここは実際に展示車や試乗車をくまなくチェックし、自分たちに適しているかを判断基準としてよいでしょう。

スポンサーリンク

新型ステップワゴンスパーダのエンジン性能・走行性能・燃費に関する口コミ・評価

2つ目は乗っていく上で重要なエンジン性能、走行性能、燃費に関する口コミ、評価です。

やはり車で大事な部分はエンジンのパワーやレスポンス、ハンドリング性能や足回りのセッティングなどの走行性能、そしてお財布事情を左右する燃費です。

デザインはカタログや展示車を見ればわかりますが、走行性能関連は少し試乗しただけでは見えない部分が多くあります。

その情報を先輩ユーザーに教えていただきましょう。

ステップワゴンスパーダ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

スパーダ(ガソリン車)の口コミ

  • 1.5L自然吸気のホンダ車から乗り換えたが、ターボのおかげで低速域からトルクフルで1.7トンもある車体とは思えないくらいスムーズに走る。
  • 1.5Lターボはトルクがあり、発進・加速のストレスが少ない。
  • 車の大きさ・重さを十分にカバーできるエンジンのパワーがある。高回転でうなっている印象はなく静か。
  • 走る・止まる・曲がるの基本性能は申し分なし。これ以上を求める方はセダンのほうがいいだろう。
  • 柔らかすぎず硬すぎない足回りのセッティングで、快適に走れる。コーナリング時のふらつき・ロールも許容範囲内。
  • 直進安定性もよく、コーナリング時のロールも抑えられており安心して乗れる。
  • 燃費は街乗り10~11km/L。
  • 燃費は郊外+市街地11~12km/L。
  • 燃費はエコモード使用の市街地で12~13km/L。
  • 燃費がエアコンに左右されやすい。
などなど

スペック面で気になったエンジンのパワーですが、実際に乗ると特に不満はないようですね。

ご家族3人ほどで乗っていても快適とのことですので、人や荷物を乗せる機会が多いミニバンにとってはかなり魅力となる点でしょう。

不快なエンジンのうなりや段差での突き上げも少なく、静粛性にも優れ快適に乗ることが出来ます。

燃費についても、市街地で軒並み10~12km/Lを平均としている方が多いので、カタログ値の約7~8割を実現し極端に低いことはありません。

ステップワゴンスパーダハイブリッド

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

スパーダ(ハイブリッド)の口コミ

  • 燃費は街乗り15~17km/L。
  • 燃費は郊外16~17km/L。
  • 走る・止まる・曲がるの基本性能が良い。
  • ハンドルが軽く、操作しやすい。
  • 加速時のエンジンのうなりはやや大きく感じる。
  • モーター走行時の加速性能が優れている。
  • 硬すぎず柔らかすぎない足回りで安定感があり快適。
などなど

ハイブリッドも、ターボ同様走行性能への評価は高いです。

燃費の実現率は6~7割と少々カタログ値は良く見せすぎという部分はありますが、ミニバンのハイブリッドは軒並みカタログ値の6~7割程度に落ち込む傾向にあるので一般的ともいえます。

モーターをメインとする走行時にはパワフルな加速をしてくれ、エンジン走行に切り替わった後の加速では多少のもたつきが感じられるような印象です。

ステアリングの応答性や足回りのセッティングがよく、楽しく運転できるミニバンに仕上がっています。

スポンサーリンク

新型ステップワゴンスパーダの安全性能・快適装備に関する口コミ・評価

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

最後は最近特に重要視されている安全性能、快適装備です。

いまや車が自分で考えて走行のサポートをしてくれるのは当たり前の時代に突入しています。

各車メーカーでも、カメラやレーダーによって前方の情報を検知し、ブレーキ、アクセル、ステアリングの制御をもって運転者を支援するシステムが搭載され、装備が標準化されてきています。

もちろんホンダ車も、スバルの「アイサイト」やトヨタの「Toyota Safety Sense」のような運転支援、衝突回避軽減を行うシステム「HONDA SENSING」を搭載しています。

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

また、今までは運転席と助手席が主流だったエアバッグも後部座席の両側を広くカバーできる「カーテンエアバッグ」の搭載車種が増え、後部座席の安全性も向上してきています。

更に、ミニバンならでは快適装備として、両手がふさがっていてもバックドアやスライドドアの開閉が出来る機能も各メーカーで取り入れられています。

安全性、利便性が向上する新型車の中で、ステップワゴンのユーザー評価はどうなっているのでしょうか。

安全性能や装備は・・・

  • わくわくゲートは斬新だけどあまり使っていない。室内の荷物かけフックのほうが役に立つ。
  • 背の小さい女性ではタテ開きのバックドアを閉めるのは大変なので横にも開くのはありがたい。
  • ホンダセンシングのオートクルーズ機能は土砂降りの雨の際など、前方が見えづらいときに非常に助かる。
  • 狭い駐車場ではわくわくゲートがかなり使える。
  • 追従機能がかなり便利。長距離ドライブや渋滞が楽になる。
などなど

安全装備はクルーズコントロール以外は安全に走行していれば恩恵を受ける場面というのも少ないので、口コミは少なめでした。

ただし、先進安全装備とエンジン性能や快適性などの総評は高く、「価格がもう少し安ければ一人勝ちだったのに」と考えるユーザーが多くいらっしゃいました。

わくわくゲートはライフスタイルによって使う頻度が極端に分かれるようですが、男性よりも女性から高評価を得ており、「ママに優しいミニバン」としても地位を確立しています。

ステップワゴンスパーダの車種情報をおさらい

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

最後に、今回ご紹介したステップワゴンスパーダのスペック面をおさらいしていきましょう。

ステップワゴンSPADA
グレード SPADA・Honda SENSING SPADA・Cool Spirit Honda SENSING
車両重量 1,680kg~1,770kg
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC1.5Lターボ
全長×全幅×全高 4,760mm×1,695mm×1,855mm
室内長×室内幅×室内高 3,220mm×1,500mm×1,425mm
総排気量 1,496cc
使用燃料 レギュラーガソリン
燃料タンク容量 52L
燃費 15.0~16.0km/L
本体価格 2,852,280円~ 3,051,000円~
ステップワゴンSPADA HYBRID
グレード B・Honda SENSING G・Honda SENSING G・EX Honda SENSING
車両重量 1,780kg~1,820kg
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC2.0L
全長×全幅×全高 4,760mm×1,695mm×1,840mm
室内長×室内幅×室内高 3,220mm×1,500mm×1,405mm
総排気量 1,993cc
使用燃料 レギュラーガソリン
燃料タンク容量 52L
燃費 25.0km/L
本体価格 3,300,480円 3,350,160円~ 3,559,680円~

ハイブリッドのほうが、モーターの搭載などもありほんの少しですが、車体サイズが小さく狭くなります。

数センチなので、隣に並べあってもその差はあまり感じられないでしょうから、特に気にするほどでもありませんね。

パワー面では車体が少し重いので上り坂での発進・加速のときや、追い越し時の加速のときなどに多少の非力さを感じそうですので、少しでも発進・加速時のパワーを気にされる方はターボよりもハイブリッドのほうが快適に走れるでしょう。

大きな違いは燃費。

カタログ値では1.5Lターボが15~16km/L、2.0Lハイブリッドが25km/Lと大きな差があります。

このあと燃費の口コミでもご紹介していきますが、実燃費を考慮したうえでかなり差が開くようであれば、車体価格差を考慮してもハイブリッドのほうが経済的ということになります。

性能面、燃費面では口コミ評価がグレード選びでもかなり重要になってきますので、ここは購入前に確認しておきたいポイントですね。

新型ステップワゴンスパーダの口コミ・評価まとめ

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

新型ステップワゴンスパーダの口コミ・評価についてご紹介しました。

評価の高さを星5つで表すと以下のようになります。

  • エクステリアデザイン★★★★☆
  • インテリアデザイン★★★★☆
  • エンジン性能★★★★★
  • 走行性能★★★★★
  • 乗り心地★★★★☆
  • 燃費★★★☆☆
  • コストパフォーマンス★★★☆☆

デザインや走行に関する部分の評価は高いです。

燃費は、1.5Lターボでは許容範囲内の落ち込みでしたがハイブリッドのほうで落ち込みが大きいので評価が分かれるポイントとなります。

価格についても、300~400万円になるミニバンということもあり、「性能を考えると納得は出来るけどやっぱり高い」と感じるユーザーが特に多く見受けられました。

しかし、「買わなければ良かった」「損をした」という方はおらず、どちらかというと「もっと早く買っていればよかった」という声のほうが多いです。

試乗をしてみて、自分の感想とのすりあわせを行いながら選んでいきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事