2015年にフルモデルチェンジした新型ステップワゴンである5代目RP系ですが、その後も数回マイナーチェンジを行っています。

これまでのマイナーチェンジの変更点を簡単に解説しつつ、それぞれ評価はどうなのか確認していきます。

中古車の購入を考えている方や、新型と旧型の違いを把握したい方にはおすすめの内容です。

スポンサーリンク

2018年4月のマイナーチェンジ

2018年4月19日に行われたマイナーチェンジは「Modulo X」です。

変更点はこちらです。

  1. ナビを10インチに大型化
  2. ナビ無し低価格車登場

ナビに10インチモデルが登場しました。は、駐車時録画モードを搭載したナビ連動ドライブレコーダーも付いているので、事故やトラブルに対応出来る仕様になっています。

価格は、10インチナビが369万円~となっているのですが、元々付いていた9インチナビを取っ払った廉価版でも登場し、ナビ無しが選択出来ることで約27万円近く価格を抑えて購入も可能になりました。

ただ、10インチ大型ナビとドラレコ付きなのでお得さで言うとナビ付きかもしれません。

ナビ無し:3,419,280円~
ナビあり:3,694,680円~

3度目のマイナーチェンジの評価は

今回のマイナーチェンジは、特に大きな変化はありません。10インチナビや純正ドラレコについては下記のようにコメントしている方もいます。

後付けで自分で取り付けるよりも見た目スッキリとするのでナビ連動のドラレコはいいですね。

10インチなかなか!

10インチナビ、スマホなみに画面操作サクサクだし、音声操作も快適、妻が外交仕事で地点設定するときに重宝して凄いと大喜びしてます。

匿名さん
純正ナビは

純正ナビとの連携もできており、ナビ側で操作できるので満足です。車のナビで再生した時の画像はいまいちですが、パソコンではきれいな画像です。

匿名さん
スポンサーリンク

2017年9月のマイナーチェンジ

2017年9月29日に公式発表されたマイナーチェンジ。変更点はこちらです。

  1. SPADAのハイブリッド追加
  2. SPADAの外装変更
  3. 「ホンダセンシング」の標準装備化
  4. 価格変更

ホンダのハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載した「SPADA HYBRID」を販売モデルに追加しました。このシステムを導入するため、SPADAの外観を一新しています。

また、今回追加されたホンダセンシングの機能は、

歩行者事故低減ステアリング
渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
※渋滞追従機能付ACCは、ハイブリッド車のみ搭載

SPADAの価格については、330万円~となりました。

2度目のマイナーチェンジの評価は

今回は、ハイブリッドと外観に評価が集まっています。ガソリン価格の変動によるお財布への影響が少ないハイブリッドも人気ですね。今回のSPADAの外観変更は大正解との結果と言えます。

見た目もなかなか!

車内収納沢山、ワクワクゲートは使った人にしかわからない良さがある。MCで流行り顔に整形されたけど、そんなイカつくもないし、デイライトがこれまた良いよね~、全体的に嫌みがない。乗っていたらわからないけですが、対向車で同型見ると良いと思う(笑)リアは他社ミニバンより個性あって良いんじゃないかな?

匿名さん
完璧ではないけど・・・大満足!

不満はゼロではありませんが、買って大満足しています。一応、Voxy HV(本命)、セレナepower(穴)も試乗し比較。色んな事を比較した結果、ステップワゴンハイブリッド(対抗)を選択しました。

匿名さん
満足しています!

エクステリアがスポーティーでカッコイイ。1.5L ターボエンジンでパワフルだけど、燃費がいい。室内長・室内高ともにゆとりがあって、車内が広い。

匿名さん
スポンサーリンク

2016年10月のマイナーチェンジ

2016年10月20日、「Modulo X(モデューロエックス)」がラインナップに追加されました。

コンプリートカーとして発売されたModuloXは、フロントグリルやエアロなどが専用となり、サスペンションや17インチアルミホイールなどの上質なエクステリアが装備されています。

インテリアも9インチの大型ナビや、本皮巻のセレクトレバー、ピアノブラック調の専用インパネミドルパッドなどがあり、こちらも充実です。

Modulo Xの評価は?

購入者の口コミ(評価)はどうでしょうか。

スポーティなところが良い!

ミニバンでもスポーティー感を味わうことができるパッケージングに尽きます。
トヨタのG’zや日産のオーテックのスポーティーカーに引けを取らない、立派な車に仕上がっていると思います。
「スポーツカーが好き。でも、ミニバンを選択しないと。」という、よくある悩みを解決してくれる車ではないでしょうか。

匿名さん
見た目が良い!

見た目が格好いい事、ミニバンでありながら車好きの所有感も満たしてくれるトータルな作り

匿名さん
走るのが楽しい!

室内空間重視のワンボックス車。走りは犠牲にしないとダメですが、この車はキビキビ走ります。走らせて楽しいワンボックスカーです。ホンダ車好きな人にオススメ!

匿名さん
充実はしているけど、価格は…

今回ラインナップされたModuloXはホンダのコンプリートカーということで満足感があります。ただし、やはり価格設定は高めです。装備パーツが充実しているのでその点が気に入った人は十分納得できます。

匿名さん

2016年5月のマイナーチェンジ

2015年4月にフルモデルチェンジがされて以降、初のマイナーチェンジが2016年5月12日。

変更点は、下記の6点です。

  1. 「ホンダセンシング」の標準装備化
  2. 1列目シート用i-サイドエアバッグシステム採用
  3. サイドカーテンエアバッグシステム採用
  4. ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器を一部標準装備
    ※G系・スパーダ
  5. リア右側パワースライドドアを一部標準装備
    ※G・EX系
  6. LEDヘッドライトを一部標準装備
    ※G・EX系

これまでオプションだった安全運転支援システムであるホンダセンシングの標準装備は嬉しい点です。さらにエアバックが充実し、さらに安全性が向上しました。

ちなみにホンダセンシングの機能とは

衝突軽減ブレーキ(CMBS)
誤発進抑制機能
路外逸脱抑制機能
ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
LKAS(車線維持支援システム)
先行車発進お知らせ機能
標識認識機能

価格は、284万円~となりました。

初のマイナーチェンジの評価は?

今回の大きな目玉「ホンダセンシング」が標準装備は高評価です。目立った意見としては、各種ミニバンの中で運転しやすいとの声が多かった印象でした。

比較した結果これ

セレナ、ノア、ステップワゴンと試乗しましたが私はステップワゴンが一番走りやすかったです。走る、止まる、曲がるが一番自然でした。グレードはスパーダのクールスピリットでしたがインテリア、エクステリア共にかっこよかったです。

匿名さん
最先端の技術に脱帽!

純正ナビとインターナビリンクの使い勝手の良さには隔世の感が凄かった・・・仕事帰りの電車の中や家でルートを引いて、乗ったらすぐ出発!一昔前では夢のような世界ですね。

匿名さん
安全!

ホンダセンシングの性能も良いです!前車追従のクルコンやレーンキーピングアシスト等トヨタなら高級車にしか付いてない装備を標準で付けてるのには驚き!特にクルコンは高速を走るのに使うのと車線をはみ出た時もハンドルが振動して知らせてくれるのは良いです!

匿名さん

マイナーチェンジまとめ

マイナーチェンジにより、ホンダセンシングなどの安全装備が標準化される、ハイブリッド車も登場、ステップワゴンはオプション無しでもかなりの充実したミニバンになりました。

また、走りについてもミニバンでありながらTURBOエンジンを搭載するなどして、居住性以外も意識しているのは高評価です。

ホンダのステップワゴンのマイナーチェンジは、約年に1回、フルモデルチェンジは4年~6年経過すると発表されているので、今後の情報にも期待しています!

中古車では、年式によってはまだ標準装備となっていないモデルもあるので、気になった装備があれば年式の参考にしてみてください。

スポンサーリンク
おすすめの記事